どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


コントラストが織り成す素晴らしい習作.この色鮮やかな夜空には星や星間ダスト,そして光を放つ星雲 NGC 6914 が描かれている.複雑な構造を持ったこの星雲は 6,000 光年ほどの距離に存在している.北天に空高く舞い上がるはくちょう座の方角にあり,天の川銀河がつくる帯の上に属している.全景にあるダスト雲をシルエットとして,水素が発する赤い光で輝く発光星雲とダストが青い光を反射して輝く散光星雲が 1/2 度の広大な領域を満たしている.画像が映しだす空間は推定された NGC 6914 の距離で換算すると 50 光年ほどの大きさに相当する.大規模なはくちょうざ OB2 アソシエーションには巨大で温度が高く,若い星が多数存在している.この星たちが発する紫外線によって周囲の水素原子ガスはイオン化され,電子と再結合する際に特徴的な赤い光を発する.はくちょう座 OB2 に属する星たちは青い光も発している.この光はダスト雲によって強烈な散乱を受けている. 2 枚の画像を組み合わせることによって作られたこの画像は明るい領域と暗い領域のどちらも描き詳細な構造を明らかにできるように加工されている.

  • A dramatic study in contrasts, this colorful skyscape features stars, dust, and glowing gas in NGC 6914. The complex of nebulae lies some 6,000 light-years away, toward the high-flying northern constellation Cygnus and the plane of our Milky Way Galaxy. With foreground dust clouds in silhouette, both reddish hydrogen emission nebulae and dusty blue reflection nebulae fill the 1/2 degree wide field. The view spans nearly 50 light-years at the estimated distance of NGC 6914. Ultraviolet radiation from the massive, hot, young stars of the extensive Cygnus OB2 association ionize the region's atomic hydrogen gas, producing the characteristic red glow as protons and electrons recombine. Embedded Cygnus OB2 stars also provide the blue starlight strongly reflected by the dusty clouds. Constructed as a two-panel mosaic, the image was processed to bring out both bright and dim colors and detailed structures.

(画像はリンク先を参照)