どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


太陽がプロミネンス (prominence) を吹き出しているさまは非常に見ごたえがある光景の一つである. NASA が打ち上げた太陽周回型人工衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザバトリー (Solar Dynamic Observatory) は 2 週間前,太陽の表面からとてつもなく巨大なプロミネンスが吹き出す様子を映像として記録した.上に示した動画は,この活発な爆発現象は紫外線によって 90 分間にわたり低速度撮影したものである.それぞれのコマは 24 秒間隔で撮影されている.プロミネンスのスケールはとてつもなく大きい.放出された高温のガスがつくるカーテンには地球まるまる 1 個が優に収まってしまう.プロミネンスは太陽の持つ地場によって誘導され,また時には太陽上空に保持されることもある.活動があまり激しくないプロミネンスは大抵の場合およそ 1 ヶ月に渡って継続し,コロナ質量放出 (Coronal Mass Ejaction; CME) として太陽系に高温のガスを放出する.プロミネンスを発生させるエナジー機構は依然として研究課題の 1 つである.太陽はこれからの数年間で活動の極大期 (Solar Maximum) を迎えるため,プロミネンスを噴出するような太陽活動はより頻繁に見られることとなるだろう.

  • One of the most spectacular solar sights is an erupting prominence. Two weeks ago, NASA's Sun-orbiting Solar Dynamic Observatory spacecraft imaged an impressively large prominence erupting from the surface. The dramatic explosion was captured in ultraviolet light in the above time lapse video covering 90 minutes, where a new frame was taken every 24 seconds. The scale of the prominence is huge -- the entire Earth would easily fit under the flowing curtain of hot gas. A solar prominence is channeled and sometimes held above the Sun's surface by the Sun's magnetic field. A quiescent prominence typically lasts about a month, and may erupt in a Coronal Mass Ejection (CME) expelling hot gas into the Solar System. The energy mechanism that creates a solar prominence is still a topic of research. As the Sun progresses toward Solar Maximum in the next few years, solar activity like eruptive prominences are expected to become more common.

(画像はリンク先を参照)