どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


増築によって国際宇宙ステーション (International Space Station; ISS) はその容貌をさらに変化させることとなった.先日完了したランデブーでは,スペースシャトルディスカバリー号 (Discovery) が最後のフライトとして ISS にモジュールを追加するために到来した.積荷には多目的補給モジュール・レオナルド (Leonardo) も含まれている.上記の画像はディスカバリー号の乗組員が ISS を出発し地球へと戻る際に撮影した画像であり,そこには ISS と数多くのモジュール群,展開されたソーラーパネルが写されている.過去に 撮影 された 画像と比べれば,宇宙開発の世界最前線がどのように建造されてきたのか確認することができる.上記の画像には様々な種類のモジュールや補給船も数多く写されている.ISS の建造が着手されたのは 1998 年のことであった.

  • The developing International Space Station (ISS) has changed its appearance again. In a recently completed rendezvous, the Space Shuttle orbiter Discovery, in its final flight, visited the ISS and added components that included the Leonardo Multi Purpose Logistics Module. The ISS and many of its modules and expansive solar panels are visible in the above picture taken by the Discovery Crew after leaving the ISS to return to Earth. The world's foremost space outpost can be seen developing over the past several years by comparing the above image to other past images. Also visible above are many different types of modules and supply ships. Construction began on the ISS in 1998.

(画像はリンク先を参照)