どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


ダーツの的のような形状をした東の海 (Mare Orientale) は月の地形の中でも特に目立って大きなもののひとつである.月の西の端に位置しており,残念ながら地上から眺めても目で確認することは難しい.だが,ルナ・リコネサンス・オービタ (Lunar Reconnaissance Orbiter) の広域カメラ (Wide Angle Camera) によって得られた画像を利用して作られたモザイク画像では,複数のリングからなる衝突盆地であり月の盆地としては最も若い東の海の詳細が興味深いまでに描かれている(最高解像度の画像はこちら).東の海の一部は流れ込んだ溶岩によって形成されている.年齢は 30 億年以上,大きさは差し渡し 950 キロメートル(600 マイル)ほどで,小惑星程度の大きさの隕石が衝突することによって作られた.衝突によって月の地殻が波紋のように広がり同心円状の構造を形成することとなった.すでに月は乾いた大気のない世界であると知っている宇宙世代の私達にとっては皮肉めいたことであるが,黒く滑らかなこの領域は mare (maria の複数形) と呼ばれている.これはラテン語で海を意味しており,かつて天文学者たちがこの領域は本当に海であったと考えていたことの名残である.

  • Shaped like a target ring bull's-eye, the Mare Orientale is one of the most striking large scale lunar features. Located on the Moon's extreme western edge, it is unfortunately difficult to see from an earthbound perspective. Still, this mosaic of the multi-ring impact basin, the youngest of the large lunar basins shows off intriguing details (full resolution mosaic), based on Wide Angle Camera images from the Lunar Reconnaissance Orbiter. Only partially flooded by lava the Mare Orientale is over 3 billion years old, about 600 miles (950 kilometers) across and was formed by the impact of an asteroid sized object. The collision caused ripples in the lunar crust resulting in the concentric circular features. Though it may seem a little ironic to denizens of the space age who recognize the Moon as a dry and airless world, a dark, smooth lunar region is called a mare (plural maria), latin for sea, because astronomers once thought such regions might actually be seas.

(画像はリンク先を参照)