どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


火星の地に立つことができたらどんな光景を目の当たりにするだろうか.宇宙探査機フェニックス (Phoenix) は 2008 年に火星に着陸し上記の素晴らしいパノラマ写真を撮影した.実のところ上記の写真は精力的に活動するこのロボットの周囲 100 視野以上 360 度全てにわたる観測をデジタル処理によって重ねあわせることによって作られている.右側にスクロールすることによってパノラマ画像の残りの部分を見ることができる.画像の手前には円形のソーラーパネルやフェニックスの様々な装備,褐色の岩々や火星の化学組成を調べるためにフェニックスが掘った溝,そして広大な砂と氷の高原が描かれている.また遠方には砂煙の色をした火星の大気が写しだされている.フェニックスは火星の極北地方に着陸し,自身の高度な探査機能を用いかつて存在していたかもしれない生命の痕跡を調査してきた.土壌を調査することによって氷の存在が確かなものとなり,過塩素酸塩 (perchlorate salts) が存在している可能性が新たに示唆された.そのような過塩素酸塩のまわりで火星の生命が進化していたかどうかはこれからの研究課題である.

  • If you could stand on Mars, what would you see? The robotic Phoenix spacecraft that landed on Mars in 2008 recorded the above spectacular panorama. The above image is actually a digital combination of over 100 camera pointings and surveys fully 360 degrees around the busy robotic laboratory. Scrolling right will reveal the rest of the panoramic image. Visible in the image foreground are circular solar panels, various Phoenix instruments, rust colored rocks, a trench dug by Phoenix to probe Mars' chemical composition, a vast plateau of dirt and dirt-covered ice, and, far in the distance, the dust colored atmosphere of Mars. Phoenix landed in the far north of Mars and has used its sophisticated laboratory to search for signs that past life might have been possible. Soil analyses have confirmed the presence of ice and gave unexpected indications of perchlorate salts. Whether Martian life could have evolved around such perchlorates is an ongoing topic of research.

(画像はリンク先を参照)