どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


黒いダストレーンが華々しい銀河の中央を切り裂いている.この光景は NGC 3628 が横方向から見た渦巻銀河であることを強く示唆している.およそ 3500 万光年離れ,春に見られる北天の星座であるしし座 (Leo) に属する NGC 3628 は有名なしし座 3 つ子銀河群 (Leo triplet) のうち唯一,シャルル・メシア (Charles Messier) の有名な天体カタログに含まれていないという点で特徴的である.大きさでは私たちが住む天の川銀河に近いものの, NGC 3628 のディスクは縁側で広がっていることが明らかに見て取れる.画像左上にはぼんやりとした銀河の腕が向かって伸びている.ねじ曲がった形状を持つことや潮汐力によって引き伸ばされた構造がかすかに見えることから, NGC 3628 はしし座 3 つ子銀河群に属する M66M65 といった他の銀河と重力的に相互作用していると示唆されている.望遠鏡で得られた鮮明な画像上では,ダストを多量に含んだ NGC 3628 のディスクは星形成領域を意味する赤色の輝点によって彩られている.最大解像度での写真を見たい場合はこちらをクリック

  • Dark dust lanes cut across the middle of this gorgeous island universe, a strong hint that NGC 3628 is a spiral galaxy seen sideways. About 35 million light-years away in the northern springtime constellation Leo, NGC 3628 bears the distinction of being the only member of the well known Leo triplet of galaxies not in Charles Messier's famous catalog. Otherwise similar in size to our Milky Way Galaxy, the disk of NGC 3628 is clearly seen to fan out near the edges. A faint arm of material extends to the upper left. The distorted shape and faint tidal tail suggest that NGC 3628 is interacting gravitationally with the other spiral galaxies in the Leo triplet, M66 and M65. The dusty disk of NGC 3628 is also dotted with the telltale reddish hues of star-forming regions in this sharp telescopic view. Explore the full resolution version here.

(画像はリンク先を参照)