どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


昨年の終わりに土星の北半球に顕著に明るく輝く嵐が新たに出現した.“サーペント・ストーム(Serpent Storm; 蛇の嵐)”というニックネームがつけられたこの北半空の大気擾乱は現在でも勢力を保ちっつ,今や土星をぐるっと囲んでいる.土星を周回している宇宙探査機カッシーニによって宇宙から得られた高品質の画像では,嵐は帯状に伸びる雲頂とは極めて明確に区別ができる.そのため,太陽系第三惑星,アメリカ合衆国ジョージア州ブエナ・ビスタ (Buena Vista) から撮られたこの高解像度画像で見られるように,嵐は中規模程度の地上観測装置でも観測できる.この活発な嵐はアマチュア天文家たちによって 2010 年の 12 月の初旬,夜明け前の空にリングを携えた巨大ガス惑星が昇りつつあるときに最初に発見された.嵐の進行状況は現在に至るまで継続して観測されている.

  • Late last year, a new, remarkably bright storm erupted in Saturn's northern hemisphere. Nicknamed "the Serpent Storm", the northern hemisphere disturbance is still going strong and now circles far around the planet. Offering spectacular space-based views to the Saturn-orbiting Cassini spacecraft, the storm shows enough contrast with the banded cloud tops to be visible with even modest ground-based equipment, as seen in this sharp image from Buena Vista, Georgia, USA, planet Earth. Amateur astronomers first spotted the bright storm in early December 2010, with the ringed gas giant rising in predawn skies, and continue to monitor the storm's progress.

(画像はリンク先を参照)