どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


温かみのある夕暮れの色合いが薄れ行くころ, 2 つの天体がビーコンのように夕方の薄明の中輝いている.水星と木星である.黄道面と西の地平線が急な角度をなすここ北半球では,春が近づきつつある今月,地球の空では太陽から逃げるようにさまよう水星のすがたがとてもよく見える.一方で,木星は依然として日没後の空に沈んでいく.この穏やかな景色の中で,通常であればなかなか見つけられない水星が木星とオレンジ色に輝く太陽の上で輝いている.今週の始めにスウェーデンの北,フレーセン島 (Frösön) から撮られたこの光景はハレーン (Hallen) の村と遠くの山々を望みストゥース湖 (Storsjön) を一望している.もちろん,宇宙探査機メッセンジャー号 (Messenger) ならば水星のもっと素晴らしい画像を得ることができる.メッセンジャー号は現在太陽系で最も内側の惑星,すなわち水星 (!) の周りを周回している.

  • When warm sunset hues begin to fade, two celestial beacons now shine in the evening twilight, Mercury and Jupiter. Wandering away from the Sun in planet Earth's sky, Mercury will offer good views this month as spring approaches in the northern hemisphere where the ecliptic plane makes a steep angle with the western horizon. But Jupiter will continue sinking lower in the sky after sunset. In fact, the normally elusive Mercury shines well above Jupiter and the orange sunset glow in this serene sky. Captured earlier this week from the island of of Frösön in northern Sweden, the scene looks across Lake Storsjön toward the village of Hallen and distant mountains. Of course, even better views of Mercury can be had by the MESSENGER spacecraft, now orbiting the Solar System's innermost planet!

(画像はリンク先を参照)