どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


おおくま座 (Ursa Major) に寄り添い,りょうけん座 (Canes Venatici) の星々に囲まれるようにして,この不思議な天体は 1781 年にメートル法で名高いフランスの天文学者ピエール・メシャン (Pierre Méchain) によって発見された.後日,この天体は彼の友人であり同じく研究者であったシャルル・メシエ (Charles Messier) の有名な天体カタログに M106 として加えられることとなった.近年,望遠鏡によって取得された詳細な画像によってこの天体は銀河 (island universe) ― 銀河系の星々を超えて 2,100 万後年離れた位置に存在し,およそ 30,000 光年の大きさを持つ渦巻き銀河であることが明らかになった.色鮮やかな合成画像では若さ溢れる青い星たちによる星団や,銀河の腕をなぞるように分布する赤みを帯びた星の揺りかごが,明るいく輝く銀河中心コアとともに描かれている.この画像には赤く輝く水素原子ガスによる華々しいジェット構造も見ることができる.小さな伴銀河である NGC 4248 (右下) に加えて,背景に存在する銀河たちが画面いっぱいに散りばめられている. M106 (またの名を NGC 4258)は活発に活動する近傍銀河の中でもセイファート型と呼ばれる一例である.この銀河は電波から X 線まで連続的に観測することができる.物質が中心に存在する大質量ブラックホールに落ち込むことによって銀河の活動が活性化すると考えられている.

  • Close to the Great Bear (Ursa Major) and surrounded by the stars of the Hunting Dogs (Canes Venatici), this celestial wonder was discovered in 1781 by the metric French astronomer Pierre Mechain. Later, it was added to the catalog of his friend and colleague Charles Messier as M106. Modern deep telescopic views reveal it to be an island universe -- a spiral galaxy around 30 thousand light-years across located only about 21 million light-years beyond the stars of the Milky Way. Along with a bright central core, this colorful composite image highlights youthful blue star clusters and reddish stellar nurseries tracing the galaxy's spiral arms. It also shows off remarkable reddish jets of glowing hydrogen gas. In addition to small companion galaxy NGC 4248 (bottom right) background galaxies can be found scattered throughout the frame. M106 (aka NGC 4258) is a nearby example of the Seyfert class of active galaxies, seen across the spectrum from radio to x-rays. Active galaxies are believed to be powered by matter falling into a massive central black hole.

(画像はリンク先を参照)