どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


昨日の満月を見ただろうか?地平線近くに佇む月の宝玉は見かけが大きく膨らんでいるように見えたことはないだろうか.これはよく知られた月の錯覚の 1 つである.しかしながら昨晩の満月は "本当に" 大きい満月だった.月が近地点 (perigee),つまり月の楕円軌道がもっとも地球に近づく地点にいた 1 時間のうちにまさに満月に達したのである.似たような近地点付近の満月が前回出現したのは 2008 年の 12 月 12 日だった.近地点から遠地点 (apogee),すなわち月が本も地球から遠くなる地点まで動くに従って,月の見かけの大きさはおよそ 14 パーセント変化する.もちろん今日も満月に近い月が昇り春分の日 (Equinox) の空を照らす.計画を練り望遠レンズで撮影されたこの写真でも,満月はやはりその大きな体を誇示している.この写真は今年の始めに撮影されたもので,登りつつある月の珠がギリシャアテネ (Athens) に存在し, 2,500 年の歴史を誇るパルテノン神殿 (Parthenon) と見事なまでに共演している.

  • Did you see the Full Moon last night? Near the horizon, the lunar orb may have seemed to loom large, swollen in appearance by the famous Moon illusion. But the Full Moon really was a large Full Moon last night, reaching its exact full phase within an hour of lunar perigee, the point in the Moon's elliptical orbit closest to planet Earth. A similar near perigee Full Moon last occured on December 12, 2008. The difference in the Moon's apparent size as it moves from perigee to apogee, its farthest point from Earth, is about 14 percent. Of course, a nearly Full Moon will rise again tonight, lighting the skies on the date of the Equinox or equal night. The Full Moon also looms large in this well-planned, telescopic lunar portrait. Captured earlier this year, the rising lunar orb is dramatically matched to the 2,500 year old Parthenon, in Athens, Greece.

(画像はリンク先を参照)