どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


どうしてこの星雲は正方形に見えるのだろう.正確なところは誰にもわからないが,正方形をした星雲の中には MWC 922 として知られる温度の高い星が存在している.上記の画像はカルフォルニア州,パロマー山 (Mt. Palomar) にあるヘール望遠鏡 (Hale),とハワイ州マウナケア山 (Mauna Kea)にあるケック望遠鏡の 2 号機 (Keck-2) によって取得された赤外線写真を合成することによって作成されている.この正方形の星雲が形成されたことに対する最も有力な仮説は,中心にある星,あるいは星の集団が星の進化の後期にどういうわけか円錐状 (cone) にガスを噴出したと考えるものである. MWC 922 では偶然にも円錐の角度がほぼ直角であり真横から見えている.画像には円錐仮説を示唆する証拠として半径方向にスポーク状の構造を見ることができる.この構造は円錐の壁面をなぞっていると考えることができる.研究者たちは,この別の角度から見るとこの円錐は超新星 1987A (supernova) が持つ巨大なリング構造のように見えるのではないかと推測している.もしかしたら, MWC 922 を形成している星の中にはかつて超新星のような爆発を起こしたものがいるのかもしれない.

  • What could cause a nebula to appear square? No one is quite sure. The hot star system known as MWC 922, however, appears to be embedded in a nebula with just such a shape. The above image combines infrared exposures from the Hale Telescope on Mt. Palomar in California, and the Keck-2 Telescope on Mauna Kea in Hawaii. A leading progenitor hypothesis for the square nebula is that the central star or stars somehow expelled cones of gas during a late developmental stage. For MWC 922, these cones happen to incorporate nearly right angles and be visible from the sides. Supporting evidence for the cone hypothesis includes radial spokes in the image that might run along the cone walls. Researchers speculate that the cones viewed from another angle would appear similar to the gigantic rings of supernova 1987A, possibly indicating that a star in MWC 922 might one day itself explode in a similar supernova.

(画像はリンク先を参照)