読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


オーロラの激しい活動によって 2 月 24 日の夜空がきらびやかに彩られている.この写真はカナダ北部にある都市,イエローナイフ (Yellowknife) 郊外の小屋から撮影されたものである.全天を撮影した 3 枚の画像が左から右へと並べられている.これらは 30 秒の間隔を置いて撮影されたもので,この美しい光景からオーロラ (northern light) のカーテンがたくさんの星を背景にして激しくはためいている様子が見て取れる.なぜオーロラははためくのだろうか? NASA が打ち上げた観測衛星群テミス (THEMIS) の観測結果からは,このような劇的なオーロラの活動は,磁気リコネクション (magnetic reconnection) と呼ばれる現象によって,地球の磁気圏に唐突にエネルギーが開放されることによって引き起こされるということが示唆されている.磁力線が輪ゴムのようにプツンとはじけるとき,磁気リコネクションによってエネルギーが解放され,荷電粒子がより上層の大気へと加速される.宇宙空間に広がるこのリコネクションは地球磁気圏の夜側,月までのおよそ 3 分の 1 の距離で発生している.

  • Intense auroral activity flooded the night with shimmering colors on February 24, captured here from a lodge near the city of Yellowknife in northern Canada. The stunning sequence (left to right) of three all-sky exposures, taken at 30 second intervals, shows rapid changes in dancing curtains of northern lights against a starry background. What makes the northern lights dance? Measurements by NASA's fleet of THEMIS spacecraft indicate that these explosions of auroral activity are driven by sudden releases of energy in the Earth's magnetosphere called magnetic reconnection events. The reconnection events release energy when magnetic field lines snap like rubber bands, driving charged particles into the upper atmosphere. Stretching into space, these reconnection events occur in the magnetosphere on the Earth's night side at a distance about 1/3 of the way to the Moon.

(画像はリンク先を参照)