読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


この美しい天体写真の中央に位置する黄色い星は T タウリ型変光星 (T Tauri variable stars) と呼ばれる種族の元となった天体, T タウリ (T Tauri) である.すぐ近くにはダストに埋もれた黄色い星雲が存在する.これは歴史的経緯からハインドの変光星雲 (HInd's Variable Nebula; NGC 1555) と呼ばれている.この星と星雲は 400 光年以上離れた分子雲 (molecular cloud) の端に位置している.同期しているわけではないが,ともに大きく明るさを変化させており,この興味深い領域にひとつの謎を提供している.一般的に T タウリ型星とは若い星(数百万歳未満)で,太陽のような星が形成段階にある状態だと考えられている.さらに複雑なことに,赤外線による観測から T タウリ自身が多体系 (multiple system) に属していること,および,また極めて若い正常天体 (young stellar object) がハインドの星雲内部に存在することが示唆されている.原色で色づけられたこの画像は T タウリの距離に換算しておよそ 4 光年ほどの領域を写しだしている.

  • The yellowish star near center in this remarkable telescopic skyview is T Tauri, prototype of the class of T Tauri variable stars. Nearby it is a dusty yellow cosmic cloud historically known as Hind's Variable Nebula (NGC 1555). Over 400 light-years away, at the edge of a molecular cloud, both star and nebula are seen to vary significantly in brightness but not necessarily at the same time, adding to the mystery of the intriguing region. T Tauri stars are now generally recognized as young (less than a few million years old), sun-like stars still in the early stages of formation. To further complicate the picture, infrared observations indicate that T Tauri itself is part of a multiple system and suggest that the associated Hind's Nebula may also contain a very young stellar object. The naturally colored image spans about 4 light-years at the estimated distance of T Tauri.

(画像はリンク先を参照)