読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


太陽系の中で最も大きな谷が火星の顔面を横切って広大な領域を切り取っている.マリナー峡谷 (Valles Marineris) と名づけられた巨大な谷は 3,000 キロメートルに渡って走っている.その幅は 600 キロメートル,深さは 8 キロメートルにも至る.地球が誇るアメリカ合衆国アリゾナ州 (Arizona) のグランド・キャニオン (Grand Canyon) と比較してみよう.長さは 800 キロメートル,幅 30 キロメートル,深さは 1.8 キロメートルである.マリナー峡谷がどのようにして誕生したのかは依然として定かではないが,この惑星が冷え固まった数十億年ほど昔に生まれたひび (crack) が成長したという仮説が有力である.この峡谷では様々な地質学的作用の痕跡が発見されている.上記のモザイク画像は宇宙探査機ヴァイキング号によって 1970 年代に撮影された 100 枚あまりの写真を合成することによって作られた.

  • The largest canyon in the Solar System cuts a wide swath across the face of Mars. Named Valles Marineris, the grand valley extends over 3,000 kilometers long, spans as much as 600 kilometers across, and delves as much as 8 kilometers deep. By comparison, the Earth's Grand Canyon in Arizona, USA is 800 kilometers long, 30 kilometers across, and 1.8 kilometers deep. The origin of the Valles Marineris remains unknown, although a leading hypothesis holds that it started as a crack billions of years ago as the planet cooled. Several geologic processes have been identified in the canyon. The above mosaic was created from over 100 images of Mars taken by Viking Orbiters in the 1970s.

(画像はリンク先を参照)