どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


暗闇に目が慣れてきたとき目を見張るような夜空に出会えることがある.今月の始めがまさにそうであった.近年で最も大規模なオーロラが高緯度地帯,ノルウェーとロシアの国境付近において発生した.早回しされた上記の映像には,ノルウェーキルケネス周辺で見られる雪に覆われた大地,森,雲,山,そして湖の上をオーロラが流れていく様子が捉えられている.オーロラは大抵の場合緑色をしている.エネルギーの高い粒子が地球大気に突入することで,電子が宿主である酸素原子と再び結合し大気が輝くためである.他の色も時折見ることができる.大気に含まれる窒素原子も関係しているためだ.動画の後半部では月と昇り来る星々も映しだされている.これから数年間は太陽の活動がこれまで以上に活発になると見込まれている.ずっと低緯度地帯にいる私たちでも,このような素晴らしいオーロラを直に観測することができるようになるかもしれない.

  • Sometimes, after your eyes adapt to the dark, a spectacular sky appears. Such was the case earlier this month when one of the largest auroral displays in recent years appeared over northern locations like the border between Norway and Russia. Pictured in the above time-lapse movie, auroras flow over snow covered landscapes, trees, clouds, mountains and lakes found near Kirkenes, Norway. Many times the auroras are green, as high energy particles strike the Earth's atmosphere, causing the air to glow as electrons recombine with their oxygen hosts. Other colors are occasionally noticeable as atmospheric nitrogen also becomes affected. In later sequences the Moon and rising stars are also visible. With the Sun expected to become ever more active over the next few years, there may be many opportunities to see similarly spectacular auroras personally, even from areas much closer to the equator.

(画像はリンク先を参照)