読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


地球と同じような天体を探すケプラー計画 (Kepler mission) は 2009 年に開始された.それ以来,有能な惑星ハンターであるケプラー衛星 (Kepler) を用いることによって,天文学者たちは太陽以外の恒星を回る惑星の候補を 1235 天体も発見してきた.惑星を発見するために,ケプラー衛星は星が沢山存在する領域をじっと観測し続ける.そして惑星が母星 (parent star) の前を通り過ぎる時に光がわずかに暗くなることを利用して惑星の通過(トランジット; transit)を検出するのである.ここに面白いイラストがある.ケプラーによって発見された全ての惑星候補がトランジットしている状態で描かれている.イラストでは左上から右下に向かって母星の大きさで並べられている.母星の光球とトランジットしている惑星の影は全て相対的に同じスケールで描かれており,星の色は彩度を上げて表示してある.惑星が 2 個以上トランジットしている星ももちろん存在している.だが,全てを見つけるためには高画質の画像で隈なく探さなければならないだろう.最上段のすぐ下,画像の右側に比較として太陽が同じスケールでぽつんと描かれている.太陽の光球には木星と地球がトランジットしている様子がシルエットとして表されている.

  • Using the prolific planet hunting Kepler spacecraft, astronomers have discovered 1,235 candidate planets orbiting other suns since the Kepler mission's search for Earth-like worlds began in 2009. To find them, Kepler monitors a rich star field to identify planetary transits by the slight dimming of starlight caused by a planet crossing the face of its parent star. In this remarkable illustration, all of Kepler's planet candidates are shown in transit with their parent stars ordered by size from top left to bottom right. Simulated stellar disks and the silhouettes of transiting planets are all shown at the same relative scale, with saturated star colors. Of course, some stars show more than one planet in transit, but you may have to examine the picture at high resolution to spot them all. For reference, the Sun is shown at the same scale, by itself below the top row on the right. In silhouette against the Sun's disk, both Jupiter and Earth are in transit.

(画像はリンク先を参照)