どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


巨大で,そして美しい NGC 5584 は 50,000 光年以上の大きさを持ち,おとめ座 (Virgo) の方角, 7200 万光年離れたところに位置している.この素晴らしい銀河は大きく曲がったうずまき腕を持っており,そこには明るく輝く若い星たちによる星団や暗いダストが作る帯 (dust lane) の存在を確認できる.地球から観測していた天文学者にとって NGC 5584 は単に円盤をこちらに向けた (face-on) 渦巻銀河でしかなかった.しかし, NGC 5584 はセファイド型変光星を 250 個も有しており,また近年 Ia 型超新星が爆発している.これらの天体は天文学的に距離を定める際に重要な天体である.そのため, NGC 5584 は,宇宙の膨張速度を表すハッブル定数 (Habble's Constant) をより精度よく求めるため,ハッブル宇宙望遠鏡 (Hubble Space Telescope) が新たに観測した 8 つの銀河のうちの 1 つに選ばれている.この観測の結果,ダークエネルギー (dark energy) が実際に宇宙の加速膨張を引き起こしているとする説が有力であることが分かり,不可思議なダークエネルギーというものを用いずに観測されている宇宙の加速膨張を説明する試みに対して制限を加えることとなった.ハッブル望遠鏡によって得られた鮮明な NGC 5584 の画像には赤みがかった小さな染みのようなものが多く見られる.これらははるか彼方,背景に存在する銀河たちである.

  • Big, beautiful NGC 5584 is more that 50,000 light-years across and lies 72 million light-years away toward the constellation Virgo. The winding spiral arms of this gorgeous island universe are loaded with luminous young star clusters and dark dust lanes. Still, for earthbound astronomers NGC 5584 is not just another pretty face-on spiral galaxy. Home to some 250 Cepheid variable stars and a recent Type Ia supernova explosion, key objects for astronomical distance determinations, NGC 5584 is one of 8 galaxies used in a new study that includes additional Hubble Space Telescope observations to improve the measurement of Hubble's Constant - the expansion rate of the Universe. The results of the study lend weight to the theory that dark energy really is responsible for accelerating the expansion of the Universe, restricting models that try to explain the observed acceleration without the mysterious dark energy. In this sharp Hubble image of NGC 5584, many of the small reddish smudges are distant background galaxies.

(画像はリンク先を参照)