どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


宇宙探査機メッセンジャー号 (MESSENGER) は 3 月 17 日に太陽系で最も内側に位置する惑星,水星を周りを回る初めての人工衛星となった.これはメッセンジャー号が水星軌道に突入して最初に撮影されたのカラー画像である.大きく,密度が高いため地球の月に比べておよそ 2 倍の表面重力をもつ水星であるが,一目見た限りでは突きと同じような外見をしている.だが,この画像に示された範囲ではクレータ付近にライトブルーとグレーで彩られた領域や,なにか物質が表面を流れたような明るい放射状の構造が写しだされている.画像右上,極めて明るい放射状の構造を持つドビュッシー・クレータ (Debussy) は直径で 80 キロメートルの大きさを持っている.なんとも歴史的な画像である.下の方の地形は水星の南極へと繋がっており,これまで宇宙から撮影されたことのない領域が広がっている.

  • On March 17, the MESSENGER spacecraft became the first to orbit Mercury, the solar system's innermost planet. This is its first processed color image since entering Mercury orbit. Larger, denser, and with almost twice the surface gravity of Earth's moon, Mercury still looks moon-like at first glance. But in this view its terrain shows light blue and brown areas near craters and long bright rays of material streaking the surface. The prominent bright ray crater Debussy at the upper right is 80 kilometers (50 miles) in diameter. Terrain toward the bottom of the historic image extends to Mercury's south pole and includes a region not previously imaged from space.

(画像はリンク先を参照)