読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


タイタン (Titan) の天気は雨模様だった.実際,タイタンでは本当に雨が降っていたようなのだ.これはエイプリル・フールのジョークでもなんでもない.土星の持つ最も大きな衛星大地から眺めた様子を想像で描いたこの風景は幾分有名なものかもしれない.ここには嵐吹き荒れる空と侵食された大地が視野いっぱいに描かれている.この構成はタイタンの表層を一時的に暗く染めた季節的な豪雨と一致している.これはタイタンの赤道付近に沿うようにして発生したもので,カッシーニ宇宙探査機 (Cassini) に搭載された観測装置によって発見された.タイタンは極寒の地であり,その表面温度はおよそ -180 度Cである.そのため,蒸発,雲の生成,そして降雨といった一連の流れはもちろん水ではなく液体のメタン (methane) が関係している.タイタンの厚く窒素を豊富に含んだ大気では稲妻が発生している可能性も高い.

  • It's been raining on Titan. In fact, it's likely been raining methane on Titan and that's not an April Fools' joke. The almost familiar scene depicted in this artist's vision of the surface of Saturn's largest moon looks across an eroding landscape into a stormy sky. That scenario is consistent with seasonal rain storms temporarily darkening Titan's surface along the moon's equatorial regions, as seen by instruments onboard the Cassini spacecraft. Of course on frigid Titan, with surface temperatures of about -290 degrees F (-180 degrees C), the cycle of evaporation, cloud formation, and rain involves liquid methane instead of water. Lightning could also be possible in Titan's thick, nitrogen-rich atmosphere.

(画像はリンク先を参照)