読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


NGC 6872 は端から端まで 40 万光年を超える巨大なうずまき銀河である.その大きさは私たちがいる途方もなく大きな天の川銀河の優に 4 倍はある.南天にあるくじゃく座 (Pavo) の方角に 2 億光年ほど離れた場所に存在するこの銀河は華々しいまでにその体を大きく広げている.これは重力相互作用 (gravitational interaction) が現在進行形で働いているためである.おそらく,最終的には近傍に存在する小さな銀河 IC 4970 と衝突合体することになるだろう.チリに存在する 8 メートル級望遠鏡ジェミナイ・サウス (Gemini South) によって得られたこのカラー画像では巨大な銀河 NGC 6872 の中心コアのちょうど右下に IC 4970 を見つけることができる.昨年,シドニー女子高校天文同好会がジェミナイ天文台主催の作文コンクールに送った優勝作品に基づき,この巨大な銀河衝突現場を写真に収めようという考えが立ち上がった.同好会のメンバーは,目を見張る画像になるという点,美しい画像になるという点はもちろんのこと,カラー撮影をすることで得られる画像は単に美しいだけの写真にはとどまらないということを主張した.優勝作品のエッセイにおいて彼女らは次のことを強調している.「画像において十分な色の情報を得ることが出来れば大変有益な情報が手に入ります.これによって異なる種族における星々,星形成,相互作用によって引き起こされる星形成の相対的な割合について,そしてこれら銀河のまわりに広く分布するダストやガスに関して容易に知識を得ることができるようになるでしょう.」(編者注:オーストラリアの学生諸君, 2011 年のコンテストに関する情報はこちらから.)

  • Over 400,000 light years across NGC 6872 is an enormous spiral galaxy, at least 4 times the size of our own, very large, Milky Way. About 200 million light-years distant, toward the southern constellation Pavo, the Peacock, the remarkable galaxy's stretched out shape is due to its ongoing gravitational interaction, likely leading to an eventual merger, with the nearby smaller galaxy IC 4970. IC 4970 is seen just below and right of the giant galaxy's core in this cosmic color portrait from the 8 meter Gemini South telescope in Chile. The idea to image this titanic galaxy collision comes from a winning contest essay submitted last year to the Gemini Observatory by the Sydney Girls High School Astronomy Club. In addition to inspirational aspects and aesthetics, club members argued that a color image would be more than just a pretty picture. In their winning essay they noted that "If enough colour data is obtained in the image it may reveal easily accessible information about the different populations of stars, star formation, relative rate of star formation due to the interaction, and the extent of dust and gas present in these galaxies". (Editor's note: For Australian schools, 2011 contest information is here.)

(画像はリンク先を参照)