どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


たとえ少しくらい欠点があったとしても,この渦巻き銀河は写真家を魅了する天体の 1 つであったに違いない. 1000 億個もの星を有するこの銀河, M74 は魚座の方角におよそ 3200 万光年の距離にきらびやかな銀河円盤をこちらに向けて存在している.M74 Sc 銀河というカテゴリに分類されており,美しい渦巻き腕が織り成す形状は明るく輝く青い星たちによる星団や暗い星間ダストレーンを率いている.満月のおよそ半分に対応する大きさの領域をカヴァーしたこの画像は,スペインのシエラ・デ・ロス・フィラブレス山脈 (Sierra de Los Filabres) にあるカラール・アルト天文台 (Calar Alto) にて 1.23 メートル望遠鏡を用いて 19 時間の露光を要して撮影された. M74 の姿全体を捉えるためには 3 万光年もの領域をカヴァーする必要がある.この画像を合成するには水素原子から発せられる輝線を捉えた画像も使われており,銀河の星形成領域を赤い輝きで示している.

  • If not perfect, then this spiral galaxy is at least one of the most photogenic. An island universe of about 100 billion stars, 32 million light-years away toward the constellation Pisces, M74 presents a gorgeous face-on view. Classified as an Sc galaxy, the grand design of M74's graceful spiral arms are traced by bright blue star clusters and dark cosmic dust lanes. The above image covers half the width of the full Moon and was obtained using 19 hours of exposure on the 1.23-meter telescope at Calar Alto Observatory in the Sierra de Los Filabres mountain range in Spain. Spanning about 30,000 light-years across the face of M74, it includes exposures recording emission from hydrogen atoms, highlighting the reddish glow of the galaxy's large star-forming regions.

(画像はリンク先を参照)