読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


NGC 2438惑星状星雲 (planetary nebula) である.太陽のような星は数 10 億歳を超えると中心に蓄えていた燃料の水素を使い果たしてしまい星としての死を迎える.惑星状星雲とはその際に放出されたガスのヴェールである.NGC 2483 は船を表す星座である船尾座 (Pupis) の領域,およそ 3000 光年の距離に存在している.興味深いことに, NGC 2483 は明るく比較的年齢の若い散開星団 (open cluster) である M46 の外縁部に位置している.だが,この惑星状星雲の中心星は M46 の星たちに比べて遥かに年老いているだけでなく,星団の星たちとは異なる速度で空間を移動している.距離を計算したところ NGC 2438 は M46 よりも近くに存在すると考えられる.この惑星状星雲は,たまたま視線方向上に若い星団と重なって,前景に見えていたということになる.深い撮像によって得られた NGC2438 の画像では,水素分子ガスの輝きが内側の明るいリングの外側, 4.5 光年に渡るハローとして広がっている様子が示されている.似たようなハロー構造は他の惑星状星雲を長時間露光した画像においても発見されている.これはこれら年老いた星たちが若く活動的だったときに形成されたものである.

  • NGC 2438 is a planetary nebula, the gaseous shroud cast off by a dying sunlike star billions of years old whose central reservoir of hydrogen fuel has been exhausted. About 3,000 light-years distant it lies within the boundaries of the nautical constellation Puppis. Remarkably, NGC 2438 also seems to lie on the outskirts of bright, relatively young open star cluster M46. But this planetary nebula's central star is not only much older than the stars of M46, it moves through space at a different speed than the cluster stars. Distance estimates also place NGC 2438 closer than M46 and so the nebula appears in the foreground, only by chance along the line-of-sight to the young star cluster. This deep image of NGC 2438 highlights a halo of glowing atomic gas over 4.5 light-years across, extending beyond the nebula's brighter inner ring. Similar haloes have been found in deep images of other planetary nebulae, produced during the earlier active phases of their aging central stars.

(画像はリンク先を参照)