読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


潮汐力によって回転が同期したまま固定されているので,月は常に親しみ深い“こちら側”を地球の住人に向け続けている.だが,月の軌道から見れば月の“あちら側”とも親しくなることができる.この鮮明な画像はまさに月のあちら側を捉えたもので,ルナ・リコネサンス・オービタ (Lunar Reconnaissance Orbiter) の広域カメラの画像をモザイク処理することで得られた.1 万 5000 枚を超える画像によって造られた広大なモザイク画像の一部は 2009 年の 11 月から 2011 年の 2 月にかけて取得された.最も解像度の高いヴァージョンでは 1 ピクセル 100 メートルのスケールで地形を見ることができる.驚いたことに“あちら側”の地表は荒くぼこぼこしており,黒く滑らかな月の海 (lunar Maria) に覆われた“こちら側”の地表とは大きく異なっている.これは“あちら側”の地殻 (crust) が厚くなっているため,融解した物質が内側から表層に溢れ出し滑らかな海を形成することが困難だったのではないか,とする説が有力である.

  • Tidally locked in synchronous rotation, the Moon always presents its familiar nearside to denizens of planet Earth. From lunar orbit, the Moon's farside can become familiar, though. In fact this sharp picture, a mosaic from the Lunar Reconnaissance Orbiter's wide angle camera, is centered on the lunar farside. Part of a global mosaic of over 15,000 images acquired between November 2009 and February 2011, the highest resolution version shows features at a scale of 100 meters per pixel. Surprisingly, the rough and battered surface of the farside looks very different from the nearside covered with smooth dark lunar maria. The likely explanation is that the farside crust is thicker, making it harder for molten material from the interior to flow to the surface and form the smooth maria.

(画像はリンク先を参照)