読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


当時は太陽の活動が穏やかなときであった.しかし,この画像はそんな穏やかなときであっても太陽の表面には活発な場所があることを教えてくれる.これは紫外線を利用して撮影されたもので,相対的に温度が低く領域は暗く表示されており,温度は数 1000 ℃ほどである.太陽の地平線付近に明るい領域としてみることができるのは,以前の太陽活動期に生まれた大規模な黒点群 (sunspot group) AR 9169 である.黒点の周囲からは明るく輝くガス吹き上がっており,その温度は 100 万℃を超える.なぜこんなに高い温度を持っているのかについてはまだ解明されていなが,太陽プラズマへとつながる磁場ループが急速に変動していることと関係しているのではないかと考えられている.巨大な黒点群 AR 9169 は 2000 年の 9 月にかけて太陽を横切るように移動し,数週間ほどで消えてなくなった.

  • It was a quiet day on the Sun. The above image shows, however, that even during off days the Sun's surface is a busy place. Shown in ultraviolet light, the relatively cool dark regions have temperatures of thousands of degrees Celsius. Large sunspot group AR 9169 from the last solar cycle is visible as the bright area near the horizon. The bright glowing gas flowing around the sunspots has a temperature of over one million degrees Celsius. The reason for the high temperatures is unknown but thought to be related to the rapidly changing magnetic field loops that channel solar plasma. Large sunspot group AR 9169 moved across the Sun during 2000 September and decayed in a few weeks.

(画像はリンク先を参照)