どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


太陽が昇る様子は違う「世界」から見たらどのように映るのだろうか.これまでのところ,人類は火星地球でしか日の出の様子を記録したことはない.しかしながら,私たちがこれまで発見した惑星,あるいは未知の惑星において,太陽はどのようにして昇っていくだろうかと考えを巡らせることは楽しいものである.母星から遠く離れた惑星にとって日の出は,丸い光球 (round orb) というよりは,とてつもなく明るい輝点が登ってくるように見えることだろう.もしかしたら,上に挙げた画像のように見えるかもしれない.しかしながら,長時間の露光と芸術的な照明が綿密に組み合わされたこの画像は,つい数週間前に金星が昇る様子をこの地球から捉えた写真をもとにして作られている.この写真が撮られたのはアメリカ合衆国ユタ州 (Utah) にあるキャニオンランズ・国立公園 (Canyonlands National Park) のメサアーチ (Mesa Arch) である.背景にはビュート (butte) やメサ (mesa) が散りばめられ,絵画のような光景が広がっている.オレンジ色に染まった空は大気による光の散乱 (scattering) と粉塵によって造られたものであるが,どことなく砂にまみれた火星の風景を想起させる.太陽はこの数分後に昇り始めた.今度は正真正銘,光の球の登場である.

  • What would a sunrise look like on another world? So far, humanity has only recorded sunrises on Mars and Earth, but it is fun to wonder what they would look like on planets known and yet unknown. Planets far from their parent star would record the rise of an unusually bright point of light rather than a round orb. Although this might appear to be what is pictured above, the careful combination of long exposures and creative lighting is actually based on Venus-rise from planet Earth a few weeks ago, captured through Mesa Arch in Canyonlands National Park, Utah, USA. Picturesque buttes and mesas dot the background landscape. The orange sky is created by air scattering and dust, but is likely reminiscent of dusty skyscapes on Mars. Sunrise was set to occur a few minutes hence, and did indeed involve a round orb.

(画像はリンク先を参照)