どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


ケンタウルス座 A (Centaurus A) がつくるとてつもなく巨大な電波ジェット (radio jet) が昇り来る様子を見られるとしたらどんな感想を抱くだろうか.ケンタウルス座 A の電波ジェットは 100 万光年を超えない程度の大きさしかないが,地球の空から見れば満月の大きさの 200 倍以上の角度領域を占有している.活動銀河であるケンタウルス座 A の中心には太陽の数 100 万倍の質量を持つとんでもないブラックホールが潜んでおり,電波ジェットはそこから発せられている.ブラックホールに物質が落ち込んでいくと,いろいろな作用の末,ジェットが高速で噴出するのである.この画像には,オーストラリア,ニューサウスウェールズ州 (New South Wales; NSW) のナラブリ (Narrabri) 付近に存在するオーストラリアコンパクト電波干渉計 (Australian Telescope Compact Array; ATCA) が満月を背にして捉えられている.その背後には電波によって撮影されたケンタウルス座 A の姿が実際の角度スケールで重ねられている.この画像にある電波マップは,銀河に関係すると考えられる電波ジェットを捉えたもののうち最も詳細な構造を明らかにしたものである.このマップを完成させるには足掛け数年間,合計 1000 時間以上の積分を要している.この画像に捉えられた電波ジェットの詳細な構造からは,ジェットが星や銀河感ダスト (intergalactic dust) とどのような相互作用するのかを解明するための手がかりが見つかるかもしれない.電波マップ画像に写されている輝点は星を表しているではなく,そのほとんどは宇宙のはるか彼方に存在し電波で明るく輝いている他の銀河である.

  • What if you could see the huge radio jets of Centaurus A rising? The Cen A radio jets are not only over a million light years long, they occupy an angular area over 200 times greater than the full Moon in Earth's sky. The jets are expelled by a violent black hole millions of times the mass of our Sun embedded deep in the center of nearby active galaxy Cen A. Somehow, the black hole creates the fast moving jets as other matter falls in. In this picture, radio telescopes from the Australian Telescope Compact Array (ATCA) near Narrabri, NSW, Australia, were captured in front of a full Moon, with a radio image of Cen A superposed at its real angular size in the background. The above picture includes the most detailed map yet of any galaxy-class radio jets in the universe, taking several years and over 1,000 hours exposure time to complete. Details in the photo may yield clues as to how radio jets interact with stars and intergalactic dust. The light dots in the image depict not stars, but typically other radio bright galaxies in the even more distant universe.

(画像はリンク先を参照)