どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


大きく,そして美しい渦巻き銀河 M101 はシャルル・メシエ (Charles Messier) による有名なカタログの後期メンバーである.だが,もちろんサイズが小さいというわけではない.この銀河は巨大で,差し渡し 17 万光年の大きさを持っている.これは私たちが住む天の川銀河の大きさのおよそ 2 倍に相当する. M101 はロス卿 (Lord Rosse) が 19 世紀に建造した巨大望遠鏡,通称パーソンズタウン (Parsonstown) のリヴァイアサン (Leviathan) によって観測された渦巻き星雲 (spiral nebula) の 1 つでもある. M101 を捉えたこのモザイク画像ハッブル・レガシー・アーカイヴ (Hubble Legacy Archive) から取得したデータを合成して作られている.この見事な銀河に存在する星形成領域には水素原子ガスが含まれている.水素原子の存在を示す証拠となる赤い光を捉えるため,この画像には地上から観測したデータも加えられている.大変鮮明なこの画像では,こちらに面を向けた M101 の星やダストが形成するディスクの素晴らしい特徴を確認することができる.背景に存在する銀河も同じく見ることができ,そのいくつかは M101 を貫通して向こう側に見えている.風車銀河 (Pinwheel Galaxy) としても知られる M101 はおおぐま座 (Ursa Major) の北端,およそ 2,500 万光年の距離に位置している.

  • Big, beautiful spiral galaxy M101 is one of the last entries in Charles Messier's famous catalog, but definitely not one of the least. About 170,000 light-years across, this galaxy is enormous, almost twice the size of our own Milky Way galaxy. M101 was also one of the original spiral nebulae observed by Lord Rosse's large 19th century telescope, the Leviathan of Parsontown. This mosaic of M101 was assembled from Hubble Legacy Archive data. Additional ground-based data was included to further define the telltale reddish emission from atomic hydrogen gas in this gorgeous galaxy's star forming regions. The sharp image shows stunning features in the galaxy's face-on disk of stars and dust along with background galaxies, some visible right through M101 itself. Also known as the Pinwheel Galaxy, M101 lies within the boundaries of the northern constellation Ursa Major, about 25 million light-years away.

(画像はリンク先を参照)