読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


地球を周回しているスウィフト衛星 (Swift satellite) が『高音を奏でる』ガンマ線 (gamma-ray) の爆発的な放射を GRB 110328A から検出した 3 月 28 日,地球全体を巻き込んだ観測交響曲が突如始まった. 45 分間の休憩を挟んで同じ天体が再び爆発したとき,この天体現象は通常のガンマ線バースト (gamma-ray burst) ではないことが明らかとなった.開幕の合図から 24 時間後,北欧光学 2.5 メートル望遠鏡 (2.5-meter Nordic Optical Telescope) を操る天文学者たちは可視光での対応天体を観測すべく『ミドル・トーン』でメロディに加わった.翌日にはこの爆発はアメリカ合衆国にある拡大超大型干渉電波望遠鏡群 (Extra Very Large Array; ELVA) によって『バリトン低音』担当の電波によって観測された.その後,ハワイにある 8 メートル級望遠鏡ジェミナイ・ノース (Gemini North) を含むたくさんの可視光望遠鏡が可視対応天体の追観測をすることで旋律を奏で始めた.この特殊な天体はチャンドラ X 線望遠鏡 (Chandra X-ray Observatory) によって『より高音』を奏でる X 線で発見され,さらに『高音』を奏でるガンマ線によって断続的に 1 週間フォローアップされた.この旋律に加わるべく,ハッブル宇宙望遠鏡 (Hubble Space Telescope) は可視光と赤外線を用いてこの画像を撮影した.これによってバーストは赤報偏移 0.351 を持つ銀河の方向に位置していることが確証された.もし,爆発がこの銀河に付随するものであった場合,爆発は宇宙の年齢が現在の 2/3 程度であったときに生じたことになる.この特殊なガンマ線バーストは銀河中心に存在する大質量ブラックホールによって星が引き裂かれたものだと推測されている.遥か彼方で起こった不思議な爆発現象の詳細は依然として明らかにはなっていない.

  • A symphony of planet-wide observations began abruptly on March 28 when the Earth-orbiting Swift satellite detected a burst of high-frequency gamma-rays from GRB 110328A. When the same source flared again after a 45 minute pause it was clear this event was not a typical gamma-ray burst. Twelve hours after the initial fanfare astronomers using the 2.5-meter Nordic Optical Telescope chimed in with a mid-range observation of the optical counterpart. Early the next day the explosion was picked up in baritone low-frequencies of radio waves by the EVLA radio dishes in the USA. Later many optical telescopes, including the 8-meter Gemini North telescope in Hawaii, began playing along by tracking the optical counterpart. The unusual source was spotted at a higher register in X-rays by the Chandra X-ray Observatory and was intermittently followed in the even more soprano-like gamma-ray range for a week. Joining the chorus, Hubble Space Telescope recorded this image in optical and infrared light, confirming that the flash was located along the path of a galaxy at redshift 0.351. If associated with the galaxy, this explosion occurred when the universe was about two thirds of its present age. There is much speculation that the unusual gamma-ray burst was a star being ripped apart by a supermassive black hole in the center of a galaxy and the puzzling features of the distant detonation are still being explored.

(画像はリンク先を参照)