どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


この鮮明な天体写真の前景にはスパイダーを伴った星が存在している.彼らは私たちの住む天の川銀河 (Milky Way Galaxy) の内部の星たちである.特に目を引く 2 つの銀河が天の川銀河の遥か彼方に佇んでいる.その距離は 3 億光年を超える.彼らの外見がゆがんでいるのは両者が接近遭遇しており重力による潮汐作用 (gravitational tide) を受けているからである. Arp 273 (またの名を UGC 1810) という名前で識別されるこの銀河たちは大変特徴的な形状をしているが,今では相互作用をしている銀河は宇宙の中で数多く見られるようになっている.実際,近傍に存在する巨大な渦巻き銀河であるアンドロメダ銀河 (Andromeda Galaxy) は天の川銀河から 200 万光年ほどの距離に存在するが,次第に近づいてきていることが知られている.もしかしたら Arp 273 は遠い未来にアンドロメダ銀河と天の川銀河が衝突したときの姿を表しているのかもしれない.銀河の衝突が宇宙論的な時間スケールにおいて何度も繰り返された場合,最終的には 1 つの銀河に合体することになる.推定によれば Arp 273 に属する銀河の明るいコア領域はたった 10 万光年しか離れていない.この衝撃的な画像は地球軌道を周回しているハッブル宇宙望遠鏡 (Hubble Space Telescope) の 21 周年を祝して公開された.

  • The spiky stars in the foreground of this sharp cosmic portrait are well within our own Milky Way Galaxy. The two eye-catching galaxies lie far beyond the Milky Way, at a distance of over 300 million light-years. Their distorted appearance is due to gravitational tides as the pair engage in close encounters. Cataloged as Arp 273 (also as UGC 1810), the galaxies do look peculiar, but interacting galaxies are now understood to be common in the universe. In fact, the nearby large spiral Andromeda Galaxy is known to be some 2 million light-years away and approaching the Milky Way. Arp 273 may offer an analog of their far future encounter. Repeated galaxy encounters on a cosmic timescale can ultimately result in a merger into a single galaxy of stars. From our perspective, the bright cores of the Arp 273 galaxies are separated by only a little over 100,000 light-years. The release of this stunning vista celebrates the 21st anniversary of the Hubble Space Telescope in orbit.

(画像はリンク先を参照)