読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


おとめ座銀河団 (Vergo Cluster) は私たちのいる局所銀河群 (local group) から最も近い銀河団である.おとめ座銀河団には 1000 個を優に超える銀河が属している.この銀河団一目で把握することはなかなか難しい.空の広い領域をカヴァーしているためである.丁寧に並べられたこのモザイク画像は 5 × 3 度の領域にまたがっており,天の川銀河のディスク面の上にぼんやりと張り付いた前景のダスト雲を通して,おとめ座銀河団の中心領域を捉えている.画像の中心下には銀河団の中でも主要メンバーである巨大な楕円銀河 M87 を見ることができる. M87 のすぐ上には有名な相互作用をしていることで銀河の片割れである NGC4438 ,別名目玉銀河がいる.注意深く画像を観察すれば,おとめ座銀河団に属する銀河たちをぼやっとした小さな斑点として見つけることができる.マウスカーソルを画像の上に乗せると大きな銀河については NGC カタログの表記に基づいたタグが表示されるようになっている. M84, M86, そして特に色鮮やかなうずまき銀河である M88, M90, M91 についてはメシエカタログ (Messier catalog) の番号も表示される.おとめ座銀河団の銀河たちは平均しておおよそ 4800 万光年の距離にいると計測されている.おとめ座銀河団までの距離はハッブル定数 (Hubble Constant) という大変重要な値を決定する為に使われており,宇宙の大きさを測定するために役立っている.(編者注:名前のタグは Astrometory.net の提供による)

  • Well over a thousand galaxies are known members of the Virgo Cluster, the closest large cluster of galaxies to our own local group. In fact, the galaxy cluster is difficult to appreciate all at once because it covers such a large area on the sky. Spanning about 5x3 degrees, this careful mosaic of telescopic images clearly records the central region of the Virgo Cluster through faint foreground dust clouds lingering above the plane of our own Milky Way galaxy. The cluster's dominant giant elliptical galaxy M87, is just below center in the frame. Above M87 is the famous interacting galaxy pair NGC 4438, also known as The Eyes. A closer examination of the image will reveal many Virgo cluster member galaxies as small fuzzy patches. Sliding your cursor over the image will label the larger galaxies using NGC catalog designations. Galaxies are also shown with Messier catalog numbers, including M84, M86, and prominent colorful spirals M88, M90, and M91. On average, Virgo Cluster galaxies are measured to be about 48 million light-years away. The Virgo Cluster distance has been used to give an important determination of the Hubble Constant and the scale of the Universe. (Editor's Note: Labels courtesy of Astrometry.net.)

(画像はリンク先を参照)