どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


……これは一体何だろうか?これはもちろん多重時間照度分布図である.この画像を作るために,ルナ・リコネサンス・オービタ (Lunar Reconnaissance Orbitar) に搭載された広域撮像カメラは 6 月年の期間(地球でいう 6 ヶ月)に渡り,月の南極を中心に据えた領域を繰り返し撮影,合計 1,700 枚の画像を取得した.画像は 2 値(影の部分は 0 ,光のあたっている部分は 1 )に変換される.変換された画像を足し合わせることによって,画像には個々の領域が太陽に照らされている時間の割合が示されるのだ.画像の中心付近には直径 19 キロメートルのシャクルトン・クレーター (Shackleton crater) の底面部を見ることができる.この部分が影になっているということは実に最もらしい結果である.月の南極点はクレータの周縁部およそ 9 時の方向に存在している.月の自転軸は公転面にたいしてほとんど垂直を保っているため,南極や北極付近にあるクレータの底は常に影となり,山頂はほぼ常に陽が当たり続ける状況にある.影となっているクレータの底は氷の貯蔵庫として,陽のあたる山脈は太陽光発電アレイの理想的な建設予定地として,未来の開拓拠点にとって役立つかもしれない.

  • What is it? It's a multi-temporal illumination map, of course. To make it, the wide angle camera on the Lunar Reconnaissance Orbiter spacecraft collected 1,700 images over a period of 6 lunar days (6 Earth months), repeatedly covering an area centered on the Moon's south pole. Converted to binary values (shadowed pixels set to 0, illuminated pixels set to 1) the images were stacked to produce a map representing the percentage of time each spot on the surface was illuminated by the Sun. Remaining convincingly in shadow, the floor of the 19 kilometer diameter Shackleton crater is seen near the center of the map. The lunar south pole itself is at about 9 o'clock on the crater's rim. Since the Moon's axis of rotation stays almost perpendicular to the ecliptic plane, crater floors near the lunar south and north poles can remain in permanent shadow and mountain tops in nearly continuous sunlight. Useful to future outposts, the shadowed crater floors could offer reservoirs of water ice, and the sunlit mountain tops ideal locations for solar power arrays.

(画像はリンク先を参照)