読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


星間空間に燦然と輝く魅力的なキャッツ・アイ星雲 (Cat's Eye nebula) は地球から 3,000 光年の距離に位置している.キャッツ・アイ星雲 (NGC 6543) は典型的な惑星状星雲であり,太陽のような星が迎える一生の中で最期の,一瞬ではあってもとても華々しい姿を提供している.星雲の中心で今まさに生き絶えようとしている星が定期的な脈動を繰り返すことによって 吹き飛ばし,ダストを多く含んだシンプルな同心円状のシェル構造を星雲の外側に形成したと考えられている.しかし,美しく,そしてより複雑な内側の構造がどのようにして作られたのかはよくわかっていない.この鮮明な画像ハッブル宇宙望遠鏡 (Hubble Space Telescope) によって得られたものである.ここには 0.5 光年を超えて広がるまさに宇宙の目が明瞭に映しだされている.キャッツ・アイ星雲を見つめることによって天文学者たちは私たちの太陽が迎える最期を見ていると言っても過言ではない.すなわち太陽が惑星状星雲の進化段階に突入するという宿命である.……これはおよそ 50 億年後のことである.

  • Staring across interstellar space, the alluring Cat's Eye nebula lies three thousand light-years from Earth. A classic planetary nebula, the Cat's Eye (NGC 6543) represents a final, brief yet glorious phase in the life of a sun-like star. This nebula's dying central star may have produced the simple, outer pattern of dusty concentric shells by shrugging off outer layers in a series of regular convulsions. But the formation of the beautiful, more complex inner structures is not well understood. Seen so clearly in this sharp Hubble Space Telescope image, the truly cosmic eye is over half a light-year across. Of course, gazing into the Cat's Eye, astronomers may well be seeing the fate of our sun, destined to enter its own planetary nebula phase of evolution ... in about 5 billion years.

(画像はリンク先を参照)