読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


IC 1396 にはモンスターが潜んでいるって?この星形成領域には光を放つガスとダスト雲が含まれている.その一部は象の鼻星雲 (Elephant's Trunk Nebula) としても知られており,その容貌は人のような何か不吉な形状として見られることもある.星雲全体の姿は怪獣の顔のように見えることすらあるかもしれない.だが,ここに存在する真の,そして唯一のモンスターは明るく輝く若い星である.ただし地球からあまりに遠いため脅威となることはない.この星から発せられた高エネルギーの光によって画像上部に存在する彗星状の黒い塊が食いつぶされている.星から発せられる微小粒子のジェットもまた周囲を取り巻くガスやダストを押しやっている. IC 1396 複合体は 3,000 光年ほどの距離に位置しており,比較的ぼんやりと,満月の 10 倍以上の見かけの大きさを持って空に広がっている.最近では 100 個以上の若い星が現在この星雲内で形成されていると判明している.

  • Is there a monster in IC 1396? Known to some as the Elephant's Trunk Nebula, parts of the glowing gas and dust clouds of this star formation region may appear to take on foreboding forms, some nearly human. The entire nebula might even look like a face of a monster. The only real monster here, however, is a bright young star too far from Earth to be dangerous. Energetic light from this star is eating away the dust of the dark cometary globule at the top right of the image. Jets and winds of particles emitted from this star are also pushing away ambient gas and dust. Nearly 3,000 light-years distant, the IC 1396 complex is relatively faint and covers a region on the sky with an apparent width of more than 10 full moons. Recently, over 100 young stars have been discovered forming in the nebula.

(画像はリンク先を参照)