読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


天の川銀河の伴銀河である大マゼラン雲 (the Large Magellanic Cloud; LMC) はシイラ座 (Dorado) の方角に位置し,南天の夜空において魅力的な天体である. LMC はたった 18 万光年しか離れていないため,驚くほど詳細な構造をこのモザイク画像に見ることができる.これは長時間露光をした 4 フレームの望遠鏡写真から作られた画像である.この画像から天の川銀河の伴銀河は不完全な某渦巻銀河 (barred spiral galaxy) であると分かる.このモザイク画像には,水素原子から発せられる赤い光のみを透過するような狭帯域フィルタを用いて撮影された画像も使用されている.星が放つ高エネルギーの光によってイオン化された水素原子は,電子を再び捕獲しエネルギーの低い状態に遷移する際に特徴的な H アルファという赤い光を放出する.そのためこのモザイク画像では,水素原子ガスがピンク色の雲として若い大質量星を取り囲むように散りばめられている.輝きを放つ水素原子ガスは強烈な星風と紫外線によって侵食をうけている.これは H II (電離水素) 領域と呼ばれる. 画像の中心左部分にはタランチュラ星雲 (Tarantula Nebula)がガス雲が幾重にも重なりあい乱雑に広がった姿として確認できる.これは LMC の中でも飛び抜けて最も巨大な星形成領域 (star forming region) である.大マゼラン雲はおよそ 1 万 5000 光年ほどの大きさを持っている.

  • A satellite galaxy of our own Milky Way, the Large Magellanic Cloud (LMC) is an alluring sight in dark southern skies and the constellation Dorado. A mere 180,000 light-years distant, the LMC is seen in amazing detail in this very deep 4 frame mosaic of telescopic images, a view that reveals the Milky Way's satellite to have the appearance of a fledgling barred spiral galaxy. The mosaic includes image data taken through a narrow filter that transmits only the red light of hydrogen atoms. Ionized by energetic starlight, a hydrogen atom emits the characteristic red H-alpha light as its single electron is recaptured and transitions to lower energy states. As a result, this mosaic seems spattered with pinkish clouds of hydrogen gas surrounding massive, young stars. Sculpted by the strong stellar winds and ultraviolet radiation, the glowing hydrogen clouds are known as H II (ionized hydrogen) regions. Composed of many overlapping clouds, the sprawling Tarantula Nebula left of center, is by far the LMC's largest star forming region. The Large Magellanic Cloud is about 15,000 light-years across.

(画像はリンク先を参照)