読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


さそり座の方角にある星が混み合った領域を背にダストを多く含んだ星雲がシルエットとして浮かび上がっている.この姿をみて不吉な黒い塔のイメージを想い起こす人もいるだろう.事実,重力収縮し星を形成しつつあるダストと分子ガスの塊がこの漆黒の星雲の中に潜んでいても不思議ではない.この構造は壮大な望遠鏡写真を横切り 40 光年ほどの領域に広がっている.撫で付けられたような形状を持つ星雲が頭(塔のてっぺん)の左側から右下と画像中央上に広がっている.これは彗星状小滴 (cometary globule) として知られている.画像の上端よりも上側には NGC 6231 が存在しており,そこに属する極めて高温の星たちがつくる OB アソシエーション (OB association) から放たれる強烈な紫外線によって彗星状小滴は形作られている.また,この高エネルギー紫外線は小滴の縁で赤く輝く水素原子ガスにエネルギーを供給している.ダストに埋め込まれた高温の星であれば青みを帯びた散光星雲として観測されることもある.この漆黒の塔,および NGC 6231 と付随する星雲たちは地球からおよそ 5,000 光年の距離に位置している.

  • In silhouette against a crowded star field toward the constellation Scorpius, this dusty cosmic cloud evokes for some the image of an ominous dark tower. In fact, clumps of dust and molecular gas collapsing to form stars may well lurk within the dark nebula, a structure that spans almost 40 light-years across this gorgeous telescopic portrait. Known as a cometary globule, the swept-back cloud, extending from the lower right to the head (top of the tower) left and above center, is shaped by intense ultraviolet radiation from the OB association of very hot stars in NGC 6231, off the upper edge of the scene. That energetic ultraviolet light also powers the globule's bordering reddish glow of hydrogen gas. Hot stars embedded in the dust can be seen as bluish reflection nebulae. This dark tower, NGC 6231, and associated nebulae are about 5,000 light-years away.

(画像はリンク先を参照)