どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


2010 年の 6 月 4 日,しし座 (Leo) のアルファ星であるレグルス (Reguls) と夜空をさまよう火星 (Mars) は天球上で 1.5 度の隔たりを持ったまま見かけの明るさがほぼ等しくなった.カメラをスウィングするという独創的で創造的な 10 秒間の露出によってこの天体のペアが描く螺旋状の奇跡が撮影された.どちらが星でどちらが惑星のものだか判別できるだろうか?ヒント:大気の乱れ (turbulence) によって星の像は惑星に比べて明るさや色においてより揺らめき変化 (scintillation) する.星は実質的に光線が細く束ねられた輝点として見られるため,きらめきがより顕著なものとなるのである.視線方向上に存在する乱流によって屈折の様子が急速に変化するため,屈折の量によって光の色が変化し,また一般的に言われる星のまたたきが生まれる.だが,彼方にいる星に比べて火星はずっと近く,広がった光源である.小さいとは言っても,火星の光は星の光束に比べてはるかに面積の大きい光の束として観測されるため,概してスケールの小さな乱流による効果を受けづらいのである.結果として,レグルスの軌跡は虹のように変化し,火星の軌跡は安定して常に変わらない赤みを帯びたものとなっている.

  • On June 4, 2010 Regulus, alpha star of the constellation Leo, and wandering planet Mars were at about the same apparent brightness, separated on the sky by 1.5 degrees. An ingenious and creative 10 second exposure from a swinging camera recorded these gyrating trails of the celestial pairing. Can you tell which trail belongs to the star and which to the planet? Hint: atmospheric turbulence causes the image of the star to scintillate or vary in brightness and color more readily than the planet. The scintillation is more pronounced because the star is effectively a point source of light seen as a narrow bundle of light rays. Rapidly changing refraction due to turbulence along the line of sight affects different colors of light by different amounts and generally produces a twinkling effect for stars. But Mars is much closer than the distant stars and an extended source of light. Though tiny, its disk is seen as a bundle of light rays that is substantially broader compared to a star's and so, on average, less affected by small scale turbulence. The result is the varied, rainbow like trail for Regulus (left) and the steadier, consistently reddish trail for Mars.


(画像はリンク先を参照)