読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


南天にあるカラス座 (Corvus) の方角に 6000 万光年ほど離れたところで 2 つの巨大な銀河が衝突した.しかし,この重々しい衝突過程において NGC 4038 と NGC 4039 と名付けられた 2 つの銀河に属する星たちは激突することなく数億年ものあいだ生きながらえている.一方で分子ガスとダストによる星雲は衝突し,衝突した残骸の中央付近ですさまじい星形成過程 (star fromation) を誘発している.この衝撃的な光景はおよそ 50 万光年に渡って広がっており,星団が新たに生まれる様子や重力潮汐作用によって衝突現場から遠く離れたところまで物質が振り飛ばされている様子を確認できる.言うまでもないことだが,大きく広がった弧状の姿は想像力を掻き立てるものであり,その見た目からこの銀河のペアは親しみを込めてアンテナ銀河 (The Antennae) と呼ばれている.

  • Some 60 million light-years away in the southerly constellation Corvus, two large galaxies collided. But the stars in the two galaxies, cataloged as NGC 4038 and NGC 4039, don't collide in the course of the ponderous event, lasting hundreds of millions of years. Instead, their large clouds of molecular gas and dust do, triggering furious episodes of star formation near the center of the cosmic wreckage. Spanning about 500 thousand light-years, this stunning view also reveals new star clusters and matter flung far from the scene of the accident by gravitational tidal forces. Of course, the suggestive visual appearance of the extended arcing structures gives the galaxy pair its popular name - The Antennae.

(画像はリンク先を参照)