読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


アヒルのようなものに見えるかもしれないが,生むのは卵ではなく星たちだ.上記画像の中央に Barnard 163 が位置している.分子ガスとダストによる星雲で,あまりにも密度が高いため可視光線では透過することができない. Barnard 163 の翼は数光年ほどの大きさであると測定されている.その内部は外部に比べて確かに温度が低く,ガスが塊となりついには星を形成することができる状況が整っている. Barnard 163 は地球から王を意味するケフェウス座 (Cepheus) の方角 3,000 光年ほどの距離に位置している.背景に見える赤い輝きは巨大な発光星雲であり象の鼻星雲を内包する IC 1396 によるものである.巨大な発光星雲である IC 1396 の画像の中から Barnard 163 を見つけ出すことは大変な仕事となるだろう.だが,不可能なことではない.

  • It may look to some like a duck, but it lays stars instead of eggs. In the center of the above image lies Barnard 163, a nebula of molecular gas and dust so thick that visible light can't shine through it. With a wing span measured in light years, Barnard 163's insides are surely colder than its exterior, allowing conditions where gas can clump and eventually form stars. Barnard 163 lies about 3,000 light years from Earth toward the constellation of Cepheus the King. The red glow in the background results from IC 1396, a large emission nebula that houses the Elephant's Trunk Nebula. Finding Barnard 163 in an image of its greater emission nebula IC 1396 can be a challenge, but it's possible.

(画像はリンク先を参照)