読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


このハリケーンの大きさは地球の 2 倍もある.少なくとも望遠鏡で観測された間は猛威を振るい続けており,衰退する兆しは一向に見せていない.これは木星 (Jupter) の大赤斑 (Great Red Spot) と呼ばれ,太陽系の中でも最も巨大な渦を巻く嵐である.多くの天文学的現象と同じく,大赤斑は予想だにされていなかった存在であり,発見以後即座に理解が進むことはなかった.今日でも,なぜどのようにして大赤斑の形状,大きさ,そして色が変化するのかといったことについて,詳細は明らかになっていない.木星についての気候をより良く理解することは,ここ地球における気候をより理解することにも貢献することとなる.上記画像は宇宙探査機ボイジャー 1 号 (Voyager 1) が 1979 年に太陽系最大の惑星へと急接近した際に撮影した画像を最近になってデジタル処理を施しより鮮明に加工したものである.地球から 117 天文単位 (AU) 彼方にいるボイジャー 1 号は現在宇宙で最も遠く離れた人工物であり,まもなくヘリオシース (heliosheath) を脱出すると期待されている.

  • It is a hurricane twice the size of the Earth. It has been raging at least as long as telescopes could see it, and shows no signs of slowing. It is Jupiter's Great Red Spot, the largest swirling storm system in the Solar System. Like most astronomical phenomena, the Great Red Spot was neither predicted nor immediately understood after its discovery. Still today, details of how and why the Great Red Spot changes its shape, size, and color remain mysterious. A better understanding of the weather on Jupiter may help contribute to the better understanding of weather here on Earth. The above image is a recently completed digital enhancement of an image of Jupiter taken in 1979 by the Voyager 1 spacecraft as it zoomed by the Solar System's largest planet. At about 117 AU from Earth, Voyager 1 is currently the most distant human made object in the universe and expected to leave the entire solar heliosheath any time now.

(画像はリンク先を参照)