どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


明るく輝く球場星団 M15 の中心付近では星たちはまるで蜂のように群れ集まっている. 10 万もの星々が集まってできたこの球体は私たちの銀河がまだ若かった頃の遺産であり,天の川銀河 (Milky Way) の中心を回り続けている.現存する 150 個の球状星団 (globular clusters) の 1 つである M15 は双眼鏡さえあれば容易に見ることができることで知られている.その中心付近は現在知られている天体の中でも極めて星が密集しており,変光星パルサーが数多く含まれている.この鮮明な画像は地球を周回するハッブル宇宙望遠鏡によって取得されたものであり,大きさは差し渡し 120 光年ほどに相当する.星団の中心付近に向けて劇的に星の密度が上がっていく様子を見ることができる. M15 はペガサス座 (Pegasus) の方角 3 万 5,000 光年ほどの距離に位置している.近年では大質量ブラックホールが M15 の中心に存在していることを示す証拠が発見されている.

  • Stars, like bees, swarm around the center of bright globular cluster M15. This ball of over 100,000 stars is a relic from the early years of our Galaxy, and continues to orbit the Milky Way's center. M15, one of about 150 globular clusters remaining, is noted for being easily visible with only binoculars, having at its center one of the densest concentrations of stars known, and containing a high abundance of variable stars and pulsars. This sharp image, taken by the Earth-orbiting Hubble Space Telescope, spans about 120 light years. It shows the dramatic increase in density of stars toward the cluster's center. M15 lies about 35,000 light years away toward the constellation of the Winged Horse (Pegasus). Recent evidence indicates that a massive black hole might reside as the center of M15.

(画像はリンク先を参照)