読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


重力にとって磁力に相当するようなものは存在するのだろうか.何であれ回転する電荷 (electric charge) は磁場を生み出す.アインシュタイン (Einstein) によれば,質量は回転することによって磁力のような振る舞いをする大変微弱な影響を生み出すはずである.この影響は大変微弱であると考えられているため,実際に体感することもなければ地球上では実験室で計測することもできない.この磁場的重力現象 (gravitomagnetism) を直接検出しようという大胆な計画のため, 2004 年 NASA はかつてないほどなめらかな表面を持った小球 (sphere) を宇宙空間に打ち上げ,それらがどのように回転するのかを観察した.打ち上げられた 4 つの小球はそれぞれピンポン玉程度の大きさを持っている.この球は人工衛星グラヴィティ・プローブ B (Gravity Probe B) の心臓部に位置し,超高精度のジャイロスコープ (gyroscope) を構成する要となる.先週,バックグラウンドノイズに関する説明の後,この計画の結果が報告され,アインシュタイン一般相対性理論 (General THeory of Relativity) による重力的効果の予測によってジャイロスコープの歳差運動が矛盾なく説明されることが明らかになった.この結果はこれまでの研究結果を補強するものであり,時計や GPS の精度向上といったすぐに役に立つことばかりでなく,長い目で見て膨大な利益を生み出すこととなるかもしれない.

  • Does gravity have a magnetic counterpart? Spin any electric charge and you get a magnetic field. Spin any mass and, according to Einstein, you should get a very slight effect that acts something like magnetism. This effect is expected to be so small that it is beyond practical experience and ground laboratory measurement. In a bold attempt to directly measure gravitomagnetism, NASA launched in 2004 the smoothest spheres ever manufactured into space to see how they spin. These four spheres, each roughly the size of a ping-pong ball, are the key to the ultra-precise gyroscopes at the core of Gravity Probe B. Last week, after accounting for persistent background signals, the results were announced -- the gyroscopes precessed at a rate consistent with the gravitational predictions of Einstein's General Theory of Relativity. The results, which bolster existing findings, may have untold long term benefits as well as shorter term benefits such as better clocks and global positioning trackers.

(画像はリンク先を参照)