どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


太陽に照らされて三日月状に輝く土星の衛星の 1 つエンケラドス (Enceladus) が夜側の土星の上空に佇んでいる.この劇的な画像カッシーニ (Cassini) 衛星によって撮影されたものである. 2010 年の 8 月 13 日,氷の惑星をフライ・バイによって通り過ぎる際に太陽の方を向いて撮影された写真であり,眺めには土星の上層大気が太陽の光を散乱して惑星の縁に沿って輝いている様子を確認できる.エンケラドスは土星よりも探査機に近く,カッシーニのカメラからの距離はたったの 6 万キロメートルである.直径 500 キロメートルの衛星はその南極付近を輝かせており,衛星の表面に見える長い亀裂の上空には噴出された水蒸気と氷のつぶからなる煙を見ることができる.この亀裂はタイガー・ストライプ (tiger stripe) との異名を持っている.この水煙は 2005 年にカッシーニによって初めて発見されたものであり,驚くほど活発なエンケラドスの表面付近に液体の水が存在していることを示唆する強い証拠である.

  • A sunlit crescent of Saturn's moon Enceladus looms above the night side of Saturn in this dramatic image from the Cassini spacecraft. Captured on August 13, 2010 looking in a sunward direction during a flyby of the icy moon, the view also traces layers in the upper atmosphere of Saturn scattering sunlight along the planet's bright limb. Closer to the spacecraft than Saturn, Enceladus is a mere 60,000 kilometers from Cassini's camera. The south polar region of the 500 kilometer-diameter moon is illuminated, including plumes of water vapor and icy particles spraying above the long fissures in the moon's surface. The fissures have been dubbed tiger stripes. First discovered in Cassini images from 2005, the plumes are strong evidence that liquid water exists near the surface of surprisingly active Enceladus.

(画像はリンク先を参照)