どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


美しい三裂星雲 (Trifid Nebula) は宇宙における色彩を理解する上でうってつけの天体である. M20 としても知られるこの天体は星雲が豊富なことで知られるいて座 (Sagittarius) の方角およそ 5,000 光年の距離に存在している.銀河面における星形成領域でもある三裂星雲は 3 つの異なる星雲から構成されている. 1 つは水素原子から放出される光を強く発している赤い発光星雲 (emission nebula) である.もう 1 つは星の光をダストが反射することによって作られる青い散光星雲 (reflection nebula) である.そして最後は密度の濃いダスト雲がシルエットとして現れる暗黒星雲 (dark nebula) である.赤色に明るく輝いている領域が減光を引き起こす暗いダストレーンによってほぼ 3 つの領域に分割されている.このことが三裂星雲という通称の由来である.星雲たちが一堂に会したこの写真では,赤い発光星雲のすぐ隣に青い散光星雲の輝きをはっきりと確認することができる.発光星雲の中心部左下には新しく生まれた星によって削られてできた柱構造や噴出構造が存在しており,ハッブル宇宙望遠鏡によってえられたこの領域の拡大写真で見ることができる.三裂星雲の大きさははおよそ 40 光年ほどである.

  • The beautiful Trifid Nebula is a cosmic study in colorful contrasts. Also known as M20, it lies about 5,000 light-years away toward the nebula rich constellation Sagittarius. A star forming region in the plane of our galaxy, the Trifid illustrates three different types of astronomical nebulae; red emission nebulae dominated by light emitted by hydrogen atoms, blue reflection nebulae produced by dust reflecting starlight, and dark nebulae where dense dust clouds appear in silhouette. The bright red emission region, roughly separated into three parts by obscuring, dark dust lanes, lends the Trifid its popular name. In this well met scene, the red emission is also juxtaposed with the telltale blue haze of reflection nebulae. Pillars and jets sculpted by newborn stars, below and left of the emission nebula's center, appear in Hubble Space Telescope close-up images of the region. The Trifid Nebula is about 40 light-years across.

(画像はリンク先を参照)