読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


ポラリスの明るさは 2 等級であり夜空で最も明るい星からは程遠い.だが,見事に調整されたこの天体モザイク画像の左側でポラリスはもっとも明るく輝いている.この画像はこぐま座 (the Little Dipper) として知られる北天の星座をまたいで 23 度の領域を捉えている.ポラリス北極星としても知られており,夜空の案内人天体写真家のような人達にとってはおなじみの星である.だが,ポラリス天の北極 (North Celestial Pole; NCP) と完全に一致しているというわけではない.現在のところ NCP に対してポラリスはおよそ 0.7 度だけ離れている.マウスカーソルを画像の上に重ねることでポラリスと NCP の位置,こぐま座の他の天体の位置が表示させることができる.星はその固有名が,古代の星座であるこぐま座 (Ursa Minor) の中でつけられていたギリシャ文字を頭につけて表示されるようになっている.視野全体を通して見ると天の川銀河 (Milky Way GAlaxy) の銀河面に付随するダスト雲も薄ぼんやりと確認することができる.

  • At 2nd magnitude, Polaris is far from the brightest star in the night sky. But it is the brightest star at the left of this well-composed, starry mosaic spanning about 23 degrees across the northern sky asterism dubbed the Little Dipper. Polaris is famous as the North Pole Star, a friend to navigators and astrophotographers alike, but it's not located exactly at the North Celestial Pole (NCP) either. It's presently offset from the NCP by 0.7 degrees. Sliding your cursor over the picture will locate Polaris and the NCP as well as other stars of the Little Dipper. The stars are shown with their proper names preceded by their greek alphabet designations within the ancient constellation Ursa Minor, the Little Bear. Dust clouds suspended above the plane of our Milky Way Galaxy are also faintly visible throughout the wide field of view.

(画像はリンク先を参照)