どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


この渦巻銀河の中心では何が起こっているのだろうか?ぼうしのような見た目からソンブレロ銀河 (Sombrero Galaxy) と名付けられた M104 は,ひときわ目立つダストレーン (dust lane) と星と球状星団 (globular cluster) からなる明るいハロー (halo) が特徴的な銀河である.なぜソンブレロ・ハットのような見た目をしているのかというと,中心のバルジ領域が飛び抜けて大きく広がっており,黒く卓越したダストレーンがほぼエッヂ・オンで見える銀河の中に現れているためである.何十億という古い星々によって大きなバルジ領域 (bulge) の広がった光が生まれている.上記の写真にあるバルジ領域を注意深く調べてみると,球状星団からなる輝点を数多く発見することができる. M104 の素晴らしいダストリングにはたくさんの若くて明るい星たちが存在している.ダストリングは大変複雑な構造をしており,天文学者たちはまだそのすべてを完全に理解してはいない.ソンブレロ銀河のまさに中心部分は様々な波長帯で光を発しており,そこには巨大なブラックホール (black hole) が存在していると考えられている.ソンブレロ銀河からやってくる 5,000 万光年彼方の光は小さい望遠鏡があればおとめ座 (Virgo) の方角に見ることができる.

  • What's going on in the center of this spiral galaxy? Named the Sombrero Galaxy for its hat-like resemblance, M104 features a prominent dust lane and a bright halo of stars and globular clusters. Reasons for the Sombrero's hat-like appearance include an unusually large and extended central bulge of stars, and dark prominent dust lanes that appear in a disk that we see nearly edge-on. Billions of old stars cause the diffuse glow of the extended central bulge. Close inspection of the bulge in the above photograph shows many points of light that are actually globular clusters. M104's spectacular dust rings harbor many younger and brighter stars, and show intricate details astronomers don't yet fully understand. The very center of the Sombrero glows across the electromagnetic spectrum, and is thought to house a large black hole. Fifty million-year-old light from the Sombrero Galaxy can be seen with a small telescope towards the constellation of Virgo.

(画像はリンク先を参照)