読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


2 日前のことだった.強力で,ただし管理された爆発によってスペースシャトル・エンデバー号 (Endeavor) が地球を周回する最後の旅へと打ち上げられた.この写真リフトオフの数秒後に撮影されたものである.この瞬間,巨大な宇宙船と 6 人の宇宙飛行士は大気が薄く呼吸ができないほどの高高度に向けて昇り始めた.このシャトルは,ミッションナンバー STS-134 において国際宇宙ステーション (International Space Station; ISS) に本日到着する予定である.エンデバー号ISS に様々なものを運搬する.その中の 1 つがアルファ磁気分光器 (Alpha Magnetic Spectrometer 2; AMS) と名付けられた野心的な検出器である.この検出器はある種のダークマター (dark matter) や帯電した反物質 (antimatter) ,果てはストレンジレット (strangelet) と呼ばれる奇妙ではあるが存在が予想されている通常物質とは少し変わった物質など,これらの物質がどれだけ存在するかを今後数年間に渡って有意に検出することができる.全てのスペースシャトルにとって最後のフライト現在 7 月の半ばに予定されている.アトランティス号が今回も国際宇宙ステーションを訪れる予定だ.

  • Two days ago, powerful yet controlled explosions rocketed the Space Shuttle Endeavour on its final trip into Earth orbit. The above image was taken seconds after liftoff as the massive orbiter and six astronauts began a climb to a height where the atmosphere is so thin it is unbreathable. The shuttle, on mission STS-134, is expected to dock with the International Space Station (ISS) today. The Endeavour will deliver to the ISS, among other things, an ambitious detector called the Alpha Magnetic Spectrometer 2 (AMS), a detector that over the next few years could detect a significant abundance of specific types of dark matter, charged antimatter, and even a strangely possible variation of familiar matter called strangelets. The very last trip for any space shuttle is currently planned for mid-July when Atlantis will also visit the space station.

(画像はリンク先を参照)