どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


ダストを多く含んだこの銀河は地球の夜空で見える渦巻銀河の中でも特に明るいものに属する.ほぼエッヂ・オン (edge on) で見える NGC 253 はたった 1,300 万光年の距離に存在している.私たちが属する局所銀河群 (local galaxy group) の隣にあるちょうこくしつ座銀河群 (Sculptor Group of galaxies) の中で最も大きな銀河である.ハッブルレガシィ・アーカイヴ (Hubble Legacy Archive) から集められたデータに基づき, 5 枚の画像を組み合わせることによってこの大変詳細なクローズアップ写真が作られている.銀河の中心付近がみられる左側から見ていこう.鮮明なパノラマ画像にはダストのフィラメントや星間ガス雲,そして個々の星たちが右側の銀河の縁方向に連なっている.拡大された領域はおよそ 5 万光年の領域を切り取っている.画像の一番右側はわずかに縮められていて,背景に映る面白い銀河のペアが視野に入るようにになっている. NGC 253 はすさまじい勢いで星を形成していることからスターバースト銀河 (starburst galaxy) として分類されている.若い星団や星形成領域に彩られたダストのフィラメントが銀河面から立ち上っていることも特徴的である.高エネルギー X 線やガンマ線を強く発していることでも知られており,これは銀河中心付近には大質量ブラックホールによるものだと考えられている.

  • This dusty island universe is one of the brightest spiral galaxies in planet Earth's sky. Seen nearly edge-on, NGC 253 is only 13 million light-years away, the largest member of the Sculptor Group of galaxies, neighbor to our own local galaxy group. The detailed close-up view is a five frame mosaic based on data assembled from the Hubble Legacy Archive. Beginning on the left near the galaxy's core, the sharp panorama follows dusty filaments, interstellar gas clouds, and even individual stars toward the galaxy's edge at the right. The magnificent vista spans nearly 50,000 light-years. The frame at the far right has been compressed slightly to bring into view an intriguing pair of background galaxies. Designated a starburst galaxy because of its frantic star forming activity, NGC 253 features tendrils of dust rising from a galactic disk laced with young star clusters and star forming regions. NGC 253 is also known to be a strong source of high-energy x-rays and gamma rays, likely due to massive black holes near the galaxy's center.

(画像はリンク先を参照)