どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


天の川銀河に属する壮大な星雲,及び星々が全天のパノラマ画像上に広がっている.解像度が最大のバージョンでは 5 ギガピクセルにもなるこのモザイク画像は 3 万 7,000 枚の画像を組み合わることで作られている.季節を追って年単位の期間を費やし,暗い夜空を求めてアメリカ西海岸から南アフリカのウエスタン・ケープ州まで 9 万 6,500 キロメートルの旅をした結果この写真が生み出された.綿密に練られたプロジェクトによって暗い観測点から得られた何枚もの画像が合成された.明るい昼間に対抗するだけの素晴らしい夜空の眺めを作り出すためである.この眺めの中をインタラクティブにあちこち旅をしていけば,肉眼では暗すぎて見ることのできないガス・ダスト雲が中央のバルジや銀河面に沿って広大な領域に散りばめられており,それに付随して数えきれないほどの星々が集まっている様子を発見することができる.天の川銀河はるか彼方に存在する星たちに寄る銀河もこの写真に見つけることができる.

  • Majestic nebulae and stars of our Milky Way Galaxy stretch across this panoramic image of the entire night sky. At full resolution, the 5 gigapixel mosaic was stitched together from over 37,000 images, the result of a season following, year long effort and 60,000 travel miles in search of still dark skies in the American west and the western Cape of South Africa. The well-planned project combined many exposures from the dark sites, intended to produce an inspiring view of the night to rival the brightness of day. An interactive journey through the scene will uncover a congeries of innumerable stars with vast clouds of gas and dust strewn along the galactic plane and central bulge, too faint to see with the unaided eye. Even galaxies of stars beyond our Milky Way can be found within the cosmic vista.

(画像はリンク先を参照)