どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


5 月 16 日の月曜日ケネディスペースセンター (Kennedy Space Center) に夜明けが訪れたときにスペースシャトルエンデバー号 (Endeavour) ははまだ発射台 39A に鎮座していた.ミッション STS-134 にて国際宇宙ステーション (International Space Station) へと向かう最後のフライトまであと 1 時間足らずである. 4 つの惑星が早朝のトワイライトの中で輝きながら東の地平線の上に静止している.うつろいゆく景色はバナナ・リヴァー (Banana River) をまたいでサターン V センター (center's Saturn V) にある VIP 展望台から撮影されたものだ.投光照明からの光が光は地球の濃い大気によって散乱を受け発射台の上に光を投げかけている.発射台は天に浮かぶ灯台を見上げている.画像の上端付近,もっとも高い位置に存在しているのが木星 (Jupiter) である.しかし,太陽系最大のガス巨大惑星といえども画像中心に見える輝かしい金星 (Venus) には目劣りしてしまう.内惑星である水星 (Mercury) が金星の下,画像右側に確認できる.画像左下には火星 (Mars) がトワイライトの輝きの中で消えかかっている. 4 つの惑星は今月いっぱい,エンデバー号が最後の大気圏突入を予定している 6 月 1 日まで,明け方東の地平線付近にとどまり続ける.

  • When dawn broke over Kennedy Space Center on Monday, May 16, the space shuttle orbiter Endeavour still stood on pad 39A. Its final launch, on mission STS-134 to the International Space Station, was only hours away. Shining through the early morning twilight four planets were also poised above the eastern horizon, a moving scene captured here from across the Banana River at the center's Saturn V VIP viewing site. Scattered by planet Earth's dense atmosphere, floodlight beams play over the launch pad, glancing skyward toward the celestial beacons. Jupiter is highest, near the top of the frame, but even the solar sytem's ruling gas giant is outshone by brilliant Venus near picture center. Innermost planet Mercury is below Venus, to the right. Below and left, Mars almost fades into the twilight glow. The four planets continue to hug the eastern horizon at dawn throughout the month, while Endeavour is now scheduled to make its final approach to planet Earth on June 1.

(画像はリンク先を参照)