読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


木星 (Jupiter) の衛星イオ (Io) に一体何が起こったというのか.このカラー合成画像では木星の火山衛星イオの上に硫黄を含んだ 2 つの爆発を見ることができる.この写真は 1995 年から 2003 年にかけて木星を周回していた人工衛星ガリレオ (Galileo) によって取得されたものである.画像の上部にはイオの縁の上に青い色をした噴煙が,ピラン・パテラ (Pillan Patera) として知られる火山カルデラのおよそ 140 キロメートル上空に立ち昇っている.画像の中ほどでは,昼と夜の境界線付近にリング状のプロメテウス (Prometheus) の噴煙が昇っている様子を確認できる.この煙はイオのおよそ 75 キロメートル上空に存在し,噴火口の上に影を投げかけている.人類に炎を与えたギリシアの神の名にちなんで名付けられたプロメテウスの噴煙は,この領域を捉えたどの画像にも見ることができ古くは 1979 年のボイジャー (Voyager) によるフライバイにまでさかのぼる.もしかすると,この噴煙は少なくとも 18 年間耐えることなく活動してきたのかもしれない.このデジタル処理によってより鮮明に加工されたイオの画像はもともと 1997 年に 60 万キロメートルの距離から撮影されたものである.近年では,ガリレオのデータを解析した結果,イオの地下には溶岩の海が広がっているという証拠が明らかにされている.

  • What's happening on Jupiter's moon Io? Two sulfurous eruptions are visible on Jupiter's volcanic moon Io in this color composite image from the robotic Galileo spacecraft that orbited Jupiter from 1995 to 2003. At the image top, over Io's limb, a bluish plume rises about 140 kilometers above the surface of a volcanic caldera known as Pillan Patera. In the image middle, near the night/day shadow line, the ring shaped Prometheus plume is seen rising about 75 kilometers above Io while casting a shadow below the volcanic vent. Named for the Greek god who gave mortals fire, the Prometheus plume is visible in every image ever made of the region dating back to the Voyager flybys of 1979 - presenting the possibility that this plume has been continuously active for at least 18 years. The above digitally sharpened image of Io was originally recorded in 1997 from a distance of about 600,000 kilometers. Recent analyses of Galileo data has uncovered evidence of a magma ocean beneath Io's surface.

(画像はリンク先を参照)